『漫画で商品を紹介したい!』そのようなニーズをお持ちの企業様に、コンテンツ企画から コンテンツ制作、リリース、運用サポートまで
一括でフォローさせていただきます!

漫画訴求力は、漫画を使った広告コンテンツを制作するマジメな企業向けサービスです

漫画訴求力へのお問い合せ・ご相談はこちら

制作側が商品やサービス内容を正しく理解すること

当たり前のことですが、伝える側が伝えるべき内容をよく理解できていなければ、ピント外れのコンテンツに なってしまったり、間違ったことを伝えてしまうことに繋がりかねません。

漫画訴求力のスタッフはもともとビジネス向けシステムの企画・提案を行っていたシステム コンサルタント。
商品・サービスの特徴を理解することはもちろん、どのようなところが 消費者にアピールできそうなポイントなのか、
などもご提案することができます。

何を誰にどのように伝えるかを詰めること

漫画コンテンツと言っても、伝え方は様々です。

・日常のあるあるネタから共感を得て、商品情報へ誘導する
・読者の常識を覆す情報で興味をそそる
・ストーリー性の高い続き物のコンテンツで定期的に情報発信する

大事なことは、それによって何を誰に伝えたいかということですが、全体的にぼやっとしてしまっていることが多いです。

笑いの質と量を検討すること

漫画コンテンツですから、どうしても「笑い」の要素は欲しいところです。 しかし、商品イメージにそぐわない質の笑いが入ると、同じ情報が書いてあっても読み手が最終的に受け取る 印象が変わってしまいます。 また笑いの量が多すぎでも、「面白かったけど何が書いてあったのか覚えていない」と いうことになりかねません。漫画制作にはそのあたりのバランス感覚が重要になります。

字コンテを精査すること

伝えるべきこと、伝えるべきターゲット、どのように伝えるか、笑いをどの程度織り込むかが決まったら、 「字コンテ」というものを作ります。これは、いわば演劇の台本のようなものです。 この段階であらかたのストーリーが確定しますので内容に誤りや過不足、悪印象を招く表現等がないか確認を していただきます。 漫画はホームページ制作以上に後戻りが難しいので重要なステップです。

この時点で絵コンテまで作ることもありますが、それは漫画家さんを決定し、 その人に、その人の画風に合わせて作ってもらった方が生き生きとした作品が出来上がります。 

内容に見合った漫画家さんをアサインすること

最後に、内容に合った画風の漫画家さんをアサイン(プロジェクトに参加させること)します。 企画に合わせてぴったりの漫画家さんを探すには、クラウドワーキングシステムを利用するのがもっとも 効率的ですので、漫画訴求力ではCrowd WorksやLancersを積極的に活用してお客さまと一緒に 漫画家さんを探していきます。

とはいえ、やはり企業向けのコンテンツ制作では継続してお仕事をしてもらわないといけないので
漫画訴求力と継続してお付き合いしている制作者を優先してご案内させていただきます。

消費者が読んで楽しくなるコンテンツを作るためには、発信者側も楽しむ必要があります。
これは、「いい加減な仕事をする」のとは違います。
お客さまと制作者が一丸になって楽しんで作ったコンテンツが、読み手に楽しく伝わるのです。

A4 1枚もの ディレクション費用 企画
字コンテ制作
ディレクション
サーバー選定、リリース
150,000円~
漫画制作費 漫画制作
HTML制作
200,000円~
A4 3枚まで(約20コマ) ディレクション費用 企画
字コンテ制作
ディレクション
サーバー選定、リリース
200,000円~
漫画制作費 漫画制作
HTML制作
400,000円~
※それ以上のボリュームのものはお問い合せ下さい